住宅ローンのご相談

手続きの流れ、利用条件 etc… 住宅ローンのご相談もお気軽にお問い合わせ下さい。(リファイン福井では、住宅ローンに関する様々なご相談も承っております。住宅ローンの手続きから利用条件その他まで丁寧にアドバイス致します。是非お気軽にお問合せください。)

住宅ローンの種類

住宅ローンは、大きく分けて、固定金利型・固定金利選択型・変動金利型の3つの種類があります。

固定金利タイプ 変動金利タイプ
固定金利型 固定金利選択型 変動金利型
借り入れた当初の金利が全返済期間を通じて変わらないタイプ。
一定期間(3年、5年、10年など)に固定金利が適用されるタイプ。
金利がその時々の金利情勢によって変動するタイプ。

メリット

借入れ後に金利が上昇しても、将来にわたり借入れ時の金利による返済額が確定。

メリット

固定金利型に比べ借り入れ時の金利が安いので借り入れ可能額が大きい。

メリット

借入れ後に金利が低下すると、返済額が減少。

デメリット

借入れ後に金利が低下しても、返済額が変わらない。

デメリット

  • 固定期間終了後、金利が上がっている場合は返済額が増える。
  • 固定期間終了後、金利が下がっている場合は返済額は減るが固定期間中高い金利を払っていたことになる。

デメリット

  • 金利上昇局面では返済する元金が増えることもある。
  • 常に金利が変動するため返済計画が立てにくい。

住宅ローン選びのポイント

将来の金利水準は高い?安い?金利が急に上昇する可能性も…⇒安定した資金計画の立てやすい『長期固定金利型』がベスト10年後、20年後の金利水準は誰にも予測できません。最近の金利水準は上昇するあり、何十年とかかる長い返済期間を考えると変動金利型や短期固定などの金利上昇のリスクは非常に高いといえます。

そのため、リスクの高い物は極力避け長期にわたる安定した資金計画が立てやすいもの、なおかつリスクの少ない安全なローンを選択するのがベストだといえます。「フラット35」は最長45年という長期固定金利型のローンで、安定した資金計画が可能になるため最近はこのローンを選択する方が増えています。

「フラット35」の詳しい情報はこちらから

住宅ローンに関するご相談はこちらまで:Tel.0776-52-2340(受付時間 9:00〜17:00/定休日 日祝)


このページの先頭に戻る