おすすめリフォーム

  • 水廻りリフォーム
  • 二世帯リフォーム
  • その他リフォーム

二世帯リフォーム

ご両親、奥様、ご主人。ライフスタイルはやニーズはそれぞれ異なるもの。
まずは家族全員でどんな二世帯にしたいのか話し合って、理想の二世帯像を導きだしましょう。

二世帯住宅のタイプ

同居タイプ 居室以外全て共用
共用タイプ
  1. 玄関が2つ。
    水廻り・リビング等は共有するが、居室等を別棟。渡り廊下で往来。
  2. 玄関が1つ。
    生活空間は分離。往来可能。
分離タイプ
  1. 同一敷地内に完全に分離した家を建てる。光熱費等も完全に各負担。
  2. 同一建物の1F・2Fで、水廻り等生活空間が完全に分かれている

タイプ別 間取り例

同居タイプの間取り(A様の場合)
A様の娘さんが結婚されたのを機に、土地を購入し新たにお家を建てることになったそうです。
お婿さんたっての希望で完全同居の家を建てることに。またA様ご夫婦も、後々娘さん夫婦と子どもたちだけになったときのことを考え、二世帯分離は無駄になると判断されました。
1Fをご両親が、2Fを娘さん夫婦が主な生活スペースとして使い、水廻りやリビングは共有できるような設計になっています。
  • 1F

    1F間取り図
  • 2F

    2F間取り図

共用タイプの間取り(B様の場合)
県外から帰省する息子夫婦のために、B様ご夫婦が建替えを決意されました。敷地の広さから別棟を建てることは不可能なので、1・2Fで生活空間を分けることに。
ただ、息子さん夫婦が共稼ぎでB様ご夫婦も「孫の面倒が見たい」とのご希望でしたので、共有スペースを設けました。水廻りも、キッチンやリビングは1・2Fそれぞれに設け、お風呂だけは共有するような設計になっています。
  • 1F

    1F間取り図
  • 2F

    2F間取り図

分離タイプ(C様の場合)
C様の息子さんのご結婚に合わせ母屋を壊し二世帯で家を建てる計画でしたが、ライフスタイルがC様ご夫婦と息子さん夫婦で全く違うということで、完全分離の長屋タイプの家を建てることになりました。
玄関はそれぞれあり、水廻り・リビングなども完全に分けています。下水・光熱費は共有です。(※同一敷地内で下水・光熱費を分ける事も可能です)
  • 1F

    1F間取り図
  • 2F

    2F間取り図




このページの先頭に戻る